保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在

保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在

身体障がい保障保険について思うこと

身体障がい保障保険って会社によっては販売していない会社あるんですけど、私はとても重要だと思っています。最近話題になっているのが、糖尿病だと思います。結構周りでも発症している人もいますし、決して遠い病気ではないと思います。身体障がい保障の場合は私の知っている会社では、身体障がい者福祉法の身体障がい状態に該当し、1から3級の身体障がい者手帳を交付された場合に、一時金が受け取れるというものです。こういった内容の良いところは何といっても法律によって給付が受けられるということです。会社がお支払事由を決めるとなった場合ですと、いざというときに本当に受け取ることができるのか心配になってしまいます。しかし、ちゃんとこういった国から決められた内容のもと、給付対象が決まるのであれば明確ですし、商品をあまり詳しく知らないって方にもわかりやすいと思います。

しかも身体障がいになると3年で約500万以上、10年で1500万程度かかってしまうという話も聞いたことがあります。これには介護用品やより暮らしやすいようにするためのリフォームが含まれています。お金がかかってしまうからこそ、今から必要額を備えていきたいと思います。

Copyright (C)2017保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在.All rights reserved.