保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在

保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在

自動車の保険はいざという時に必要

保険にはいろいろな種類があります。どの保険もそれなりに大切ですが、その中でも特に大切と言えるのは自動車のものです。自動車を運転していると、どうしても何らかのアクシデントを起こしてしまう可能性があります。そんな時に頼りになります。軽いアクシデントだったらよいのですが、深刻なものもあります。例えば重症者が出るようなものだったら、莫大な補償金を支払わなければならないこともあります。そん時に保険に加入していないと、補償金の支払に苦しむ可能性が出てきます。2つの種類があります。自賠責と任意です。自賠責の方は自動車を運転するなら、かならず入らなければなりません。言い換えれば強制加入なのです。何らかの理由で自賠責に入らないのは大きな問題です。

任意の方は文字通り任意です。入りたくなければ入らなくても良いのですが、やはり入るべきでしょう。ほとんどの人が自賠責と任意に入っています。まれに入らない人もいますが、いざという時に備えて入っていた方が無難です。最新の注意を払って運転をすれば、大丈夫かもしれません。しかし、人間なので何らかのミスをするとこともあるでしょう。そのミスが深刻な事態を招くこともあるです。任意にも加入しましょう。

Copyright (C)2017保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在.All rights reserved.