保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在

保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在

保険〜家族の形態により重視すべき補償は異なってくる

生活の中、想定もしていなかったような『万が一』の事態や、それにより発生した損失に対して、主には金銭で補償してくれるのが保険です。非常に心強い備えですから、加入しておくに越したことはありません。しかし一方で、現在では様々なものに対しての保険が、たくさんの保険会社などから販売されています。また、その保険の内容なども様々ですから、加入に迷うと言う方も少なくないかもしれませんし、加入はしているけれど本当にそれが適切なのかどうか迷っていると言う方も、おられるかもしれません。

保険を選ぶ際には『どのよう補償を求めるのか』と言うことが重要ですが、それはたとえば一人暮らしと夫婦二人暮らし、そして子供がおられる家庭とでは、ずいぶんと変わっていきます。一人暮らしの場合は『自分が生活していくのに困らない程度の補償』と言うことになりますし、夫婦二人暮らしでしたら『配偶者が生活していくのに困らない程度の補償』が考えられます。そしてお子さんがいる家庭で、その年齢がまだ幼い場合でしたら『配偶者とその子が生活していくための補償が、少なくともその子が成人するまでの間』必要になりますし、そこには当然、生活費のみならず教育費も含め考えなくてはいけません。

そう考えると、たとえば一人暮らしの場合には生命保険に重きを置くよりも、医療保険や、疾病などの際の収入減少に備えた保険に重きを置いた方が良いと考えられます。夫婦二人暮らしの場合は生命保険と言うのがやはり重要ですし、特に主たる収入源である人の保険は、手厚い補償のものを選んでおいた方が良いです。そして小さなお子さんがいる家庭では、夫婦の生命保険は勿論のこと、お子さんの年齢に合わせて学資保険なども視野に入れる必要があります。また、お子さん自身の健康に対する保険も、最低限、加入しておいた方が安心です。この他にも、自動車や自転車を利用している場合、それらの保険にも加入しておくべきです。

Copyright (C)2017保険〜『万が一』に備える、頼もしい存在.All rights reserved.